下半身のリード

2020-03-05

アマチュアゴルファーの多くが“飛ばないスライス”に悩むのは

下半身のリードでスウィングできていないことが最大の原因です。

アドレスからトップまでの動きが正しくても切り返し以降、

手を使って上半身を先行させると下半身が動かなくなります。

そのため、手打ちのカット軌道になってクラブフェースが開き、

インパクトでボールを強く正確にたたくことができなくなるのです。

飛距離アップのための、下半身の正しい使い方をレッスンしていきましょう。

下半身のリードとは切り返しで左足を踏み込みながら腰を回し、下半身の動きを先行させることです。

ゴルフでは「腰を切る」という表現をしますが、

この動きがシャープになるほど体の回転が速くなるので飛距離アップが期待できます。

 

平野区 東住吉区 住吉区 阿倍野区 生野区  松原 八尾 堺 東大阪
中央区北浜 天満橋 淀屋橋 (近隣)

Copyright(c) 2020 GOLF STUDIO TMRE. All Rights Reserved.