手打ち・・・

2019-11-14

こんにちは♪
ゴルフにとって手打ちは大敵です!
まず体のターンがあって、それに同調して腕が振られるのが本来あるべきスイングの姿ですが
手だけでボールをとらえようとするあまり体のターンと関係ないところで腕が振られてしまっているのが手打ちのスイングなのです。
多少力のある男性なら手打ちでもボールをそれなりに飛ばせてしまいます。
ですので、自己流でゴルフを覚えた男性はほぼ手打ちのプレイヤーだといってもいいでしょう。
手の力だけでクラブを振ると、運動の主体が上半身にあることになりバランスが非常に悪くなります。
下半身が動いていないのに上半身ばかりを動かす打ち方では当然のことながらミスが多くなるのです。
自分が手打ちかどうかを知る方法はスローモーションでボールを打つことです。
ふだん手打ちの人はゆっくりスイングできませんし、ましてや一定のスピードでクラブを振ることは不可能なのです。
なぜならふだん手でボールを弾いているために、インパクト付近でクラブのスピードを落とすことができないからなんです。
次回はこの手打ちの直し方についてお話しします♪♪

平野区 東住吉区 住吉区 阿倍野区 生野区  松原 八尾 堺 東大阪 
中央区北浜 天満橋 淀屋橋 (近隣)

Copyright(c) 2019 GOLF STUDIO TMRE. All Rights Reserved.